• トップ /
  • 自動車整備師の資格取得について

自動車整備師の合格率と就職

自動車の整備に携わる仕事をしたい場合、整備士資格を取得する必要があります。整備士の資格は1級、2級、3級と分かれており、合格率は決して高いとは言えません。1級の場合は約30%の合格率となっています。学科と実技に分かれていますが、専門学校を卒業すれば実技の試験が免除されます。整備士資格を取得するための試験にかかる費用は7200円、免除科目のある場合には2,450円と比較的安価に設定されています。費用に関しては自動車専門学校にかかる費用が高額になります。ただし各学校では様々な奨学金制度を設けている場合が少なくないので確認してみると良いでしょう。費用的な心配がある方は、まず2級の整備士資格を目指して2年間で卒業するのも手です。2級整備士取得後3年以上自動車整備工場やディーラーの整備などで勤務すれば1級の受験資格を得ることができます。整備士は慢性的に人材不足となっているため、就職先を探すのにはそれほど苦労しないことでしょう。自動車メーカー系のディーラーに就職した場合は、数年間整備士として働いた後、営業に回されることが多いようです。やはり自動車を販売するにあたってある程度の専門知識が必要となってくるからです。そのため営業が苦手な人は注意が必要です。

自動車の凄い情報

↑PAGE TOP

Menu